あやしい水槽

海水魚 サンゴ 海藻  あやしい記事とピンボケ写真.そして誤字脱字...

12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02

01月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

SHOP訪問(1)名揚水族 台南店 

ブログに使用している写真はiPhoneで撮影しているのですが,
画素数は多い割りにきれいではありません.

その写真の整理をしていたら,昨年の年末に訪れた台湾の
熱帯魚SHOPの写真が出てきたのでブログねたにします.

僕はある装置開発の仕事をしていて,台湾の客先にちょくちょく
出張します.ホテルと客先工場の間をタクシーで移動する時に
熱帯魚SHOPを見つけたので,休日に訪問して見ました.

台湾でもアクアリウムはそこそこポピュラーのようで,客先のエンジニア
のブースでも個人の水草水槽を置いてたりします.

訪れたSHOPは台湾でも南方に位置する台南県にあります.
台南県の規模は台湾で4番目の都市です.

残念ながら店の外観の写真を撮り忘れたのですが,
そのSHOPの袋です.

熱帯魚,水草,海水魚,サンゴ.そして用品を取り扱ってました.
SHOPと呼ぶのになんだか違和感を感じてきたので,以下店と呼びます.

淡水と海水の割合は半々で,海水の販売水槽はこんな感じです.
画像 362

これがメインの展示水槽.
画像 192
この水槽が外から見えてました.
画像 357
クマノミやキンギョハナダイが泳いでいます.
販売水槽のロックビューティ.
画像 076
元気はありませんでした.

販売しているサンゴはどれもサイズが大きいです.画像 334

白化済みイソギンとクマノミ
画像 379

これらの写真を撮りたく,店のおやじさんと話すきっかけを
作るため,何か購入しようと思い店内を見渡しましたが,
触手が伸びるような商品はありません.
そうそう,海水用の添加剤は Tropic marinの商品がメインでした.
ポンプはRio,スキマーは見たことのない製品が並んでます.

そこで無理やり選んだのがこれ.
IMG_0481.jpg
水槽の背面にはるフィルムです.
わざとらしいサンゴの写真です.
まず自分が使うことはないでしょう.
血迷って120cm×60cmも買ってしまいました.
たしか30cmあたり25元(700円くらい)でした.

このおやじさんに話しかけたのですが,英語はもちろん
日本語も通じず,yes/no,ok とジェスチャーだけで意思疎通を
はかりました.
iPhoneで僕の水槽を見せたら親指を立ててgooといって貰えました.

紹介した写真のように,在庫は少なく,正直期待はずれでしたが
おやじさんとのやりとりは結構楽しく,よい思い出になりました.

e/
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
スポンサーサイト

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

水槽の近況 

最近,ほかの事に熱中していて,
水槽は週一回の水換えをしているだけです.
そのせいか,水槽の方は安定しているようです.
生体にとっても水槽の中をいじられないほうが
ストレスもなく,いいことなんでしょうか.
 60ワイドが50L/week
 60規格の方が15L/week
の換水を実施しています.
どうでもいいことですが,水槽の呼び方を変えました.
メイン水槽→60ワイド水槽
セカンド水槽→60規格水槽

メインときたら次はサブだし,セカンドの前はファーストって呼ぶ
ことが正しく,気になりだしたので・・・.
本当にどうでもよい言葉あそびです.

その,60ワイド水槽
IMG_0462.jpg
もともと狭い水槽ですが,その中でも魚達はこのあたりにいつも集まってます.

60規格水槽
IMG_0474.jpg
お気に入りのスミレヤッコです.
うちに来てから5ヶ月ほど経過しましたが,
1.5倍くらい(3.5cmくらい)になりました.

e/

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ


テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

general *  TB: 0  *  CM: 4  * top △ 

メンテナンス(1)パワーヘッドの洗浄 

3連休なので,あまりにも見苦しくなった
水中ポンプの掃除を行いました.

エデニックロータはコケがついてくると首フリが
停止することがあります.一度突っつくと首フリを
再開しますが,久々に洗浄を行ってみました.

60ワイド水槽では,エデニックロータとエデニックロータDXの2台を
使用してます.写真はDXでない方.

石灰藻やひげコケがびっちりです.

うちでは,こんなときにこれを使ってます.
IMG_0448.jpg
成分はクエン酸です.
ホームセンタで売ってます.

一晩ポンプに通電して,浸け置くと,軽くこすっただけで簡単に
石灰藻が落ちます.

きれいになったエデニックロータ
IMG_0460.jpg

サイフォンBOXは汚いままです.

前述したように,エデニックロータはたまに首フリを停止して
しまいますが,停止しやすい角度があって,ポンプ側から見て
吐出口が左側の死点で止まる傾向があります.
そこで,吐出口に付けるフレアを回転させて,
吐出の水流で右側に力が働くようにすると,止まりにくく
なるようです.
e/

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

maintenance *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

タンクメイト(5)ハタタテネジリンボウとランドール・・・ 

謹賀新年.

始めたばかりのこのブログですが,ポツポツとアクセスいただいてるようです.
ありがとうございます.
なにか感想などありましたら,コメント頂ければありがたく思います.

さて,ハタタテネジリンボウとランドールピストルシュリンプです.
ヒレナガネジリンボウと呼ばれることもあるようですね.私は別のハゼかと
思ってました.

彼らの共生している姿が見たく,水槽に向かえました.
うまく共生を始めてもらうにあたり,水槽のセット時に
水槽前面の右角の部分に荒めの珊瑚砂を用意してその上に
小さめのライブロックを置きました.

赤丸のところです.
IMG_0354.jpg

先に,ランドールから投入しました.プラコップに入れたまま,
水中に沈めて,ライブロックに半分かかるように,コップを
さかさまにかぶせます.すると一目散に穴をほり,もぐって行きました.

つぎにネジリンボウです.同様にコップに入れたままランドールが
いる穴に近づけようとすると,途中でコップから出て行き,水槽反対側の
ライブロックの下に隠れてしまいました.

その後,彼らの出会いを期待して3日ほど観察していると,
IMG_0443.jpg
このように,うまく出会えたようです.

ランドールはいつも穴から砂を押し出しています.働き者ですね.
ネジリンボウはあなから体を2/3ほど出して周囲を観察しています.
しかしその姿は,くるはずのない何かをまっている,かの様に見えます.
ほほえましい姿です.

ネジリンボウは,ほとんど穴にいるのですが,餌のときにはダッシュで遠征して,
その勢いのまま穴に帰還します.
ランドールも穴の周囲に餌が落ちていると拾いに出てゆきます.
双方人工餌に餌付いています.
ネジリンボウがランドールに餌を分け与えるということを聞いた事が
ありますが,実際その様子を見たことはありません.

e/

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

tankmates *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。