あやしい水槽

海水魚 サンゴ 海藻  あやしい記事とピンボケ写真.そして誤字脱字...

04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

05月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

コーラルライフの感想と水質チェック 

今週末も淡々と換水を行いました.
またキイロサンゴハゼと海水ネタをループです.

こんな状況ですか,買いたい(飼いたい)魚はいます.
会社帰りに,よくショップを巡回するのですが,
なかなか出会うことはありません.
水槽も満員なのですが,もし手に入ったら,
その時はなんとかするつもりでいます.

巡回コースはこんな感じです.
○京浜コース
 中央水族館(横須賀) - 生麦海水魚センター - タジマ
○東京駅周辺コース
 パウパウ(銀座) - ペンギン(有楽町) - ナチュラル

よく巡回はするのですが,何か生体を購入することはこれらのコースでは
ほとんどありません.
結局,土日に車で出かけた際に購入することがほとんどです.
ショップも土日に会わせて入荷するのでしょうがないですね.


本題です.
換水時に水質チェックをしてみた結果を残しておきます.
ライブシーソルトからコーラルライフへチェンジしてますが,
ほとんど,コーラルライフへ入れ替ったので,ひとまずまとめておきます.

○海水銘柄
60ワイド(ソフトコーラル+魚たくさん): ライブシーソルト:コーラルライフ 1:9
60規格(海藻わっさわっさ): ライブシーソルト:コーラルライフ 2:8

○換水状況
60ワイド:50L (水槽容量150L)
60規格:15L (水槽容量65L)
どちらも換水直前に測定

○水質
項目         60ワイド    60規格        測定器具/試薬
1.比重    :   1.023     1.025      InstantOcean比重計(ボーメ計で確認済)
2.水温[deg.C]:   25        25         アクア用水温計
3.pH      :  7.64(AM11:00) 7.68(PM1:00) pHメータ(秋月電子)
4.KH[dh]   :   7         8          RedSea
5.Ca[ppm]  :   450       460          RedSea PRO
6.Mg[ppm]  :   1240      1280         RedSea
7.NO3[ppm] :   10.0+       5.0+        RedSea
8.PO4[ppm] :   0.5+        0.1         ReaSea

換水に用いた作りたてのコーラルライフの測定結果は,
項目                
1.比重    :    1.021
2.水温[deg.C]:   25
3.pH      :   8.28
4.KH[dh]   :   10
5.Ca[ppm]  :   470
6.Mg[ppm]  :   1280
7.NO3[ppm] :    0
8.PO4[ppm] :    0
測定条件は各水槽のものと同一です.
RO/DI水を使用しています.
マキシジェットで攪拌開始後3時間経過時の測定値です.

コーラルライフの感想ですか,かなり良いものなんじゃないかと感じています.
pH,KH,Ca,Mgともなかなか良い数値だと思います.
ライブシーソルトの時より,サンゴもよくポリプを出しています.
一番顕著な差は,コケが激減したことです.リーフクリスタルやライブシーソルトを
使用していた時は,ガラス面のコケ掃除が必須だったのですが,
コーラルライフでは,今週はコケ掃除はやらなくていいかな,なんて思うくらいです.

だた一つ難点があります.それは攪拌時の白濁です.
最初にコーラルライフを使った際に,バッファー剤の併用でカルシウムが
析出してチリ状のものが舞うほど白濁したのですが,
そこまでではないにしても,海水作製の攪拌時に白濁することがあります.

原因は特定出来てはいないのですが,以下は予想です.
塩を水に投入して攪拌開始後2~3時間経過して反応が終了したころでしょうか,
容器の底や側面に気泡が発生して付着した状態になります.
これがもし炭酸ガスならば,もともとカルシウム含有量が多く,さらにpHが高い
コーラルライフでは,カルシウムとCO2が反応して炭酸カルシウムになって,
それが沈殿を起こして白濁する原因になっている,のかもしれないです.

攪拌時に発生した気泡をパワーヘッドで吹き飛ばすと,白濁を起こさない様です.
まだ数回試したにすぎないので断定は出来ないですが.

そんな問題はありますが,現在のお気に入りの人工海水です.
ちなみに,白濁した海水のpHは8くらいまで落ちます.
この状態でも問題ない様なので,今では使うことにしています.


また,文字だらけになってしまいました.
e/
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
スポンサーサイト
salt mix *  TB: 0  *  CM: 17  * top △ 

帰ってきました。 

IMG_0234.jpg
一度はサテライトへ引越ししてもらったのですが,
一方がもう一方のヒレに齧りかかっているところ見かけたため,
本水槽に戻してしまいました.
狭くてストレスを感じていたのでしょうか・・・.

本水槽に戻すと泳ぎ回っていました.
こちらの方が気持ちよさそうです.

e/
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

general *  TB: 0  *  CM: 6  * top △ 

水槽プラン策定中 

IMG_0207.jpg
今日は子供の運動会でした.
夏日で日差しも強く,日焼け痕がヒリヒリします.
人間も光合成できたら良いですね.

あ,でもお弁当を食べる楽しみがなくなりますか.


広い大空とは対照的に,水槽の過密状態が続いています.
幼魚ファンなのでどの魚も水槽導入時には小さく,
水槽内にもゆとりを感じられていました.

魚が大きくなってもその内に水槽を大きくすればいいや,なんて思っていたのですが,
なかなかサイズUP計画の稟議がとおりません(T_T)
ナンヨウボスやアカネハナゴイの成長速度に,我が家の家計は追いつきません(^^;


そこで水槽プランというには大袈裟すぎますが,構成を見直すことを
考えています.
目的は,水草とグリーンネオンが入っている水槽を海水にチェンジすることです.
そこに60ワイドのメンツを何匹か引越しさせようという魂胆です.

淡水系は他に水草水槽とレッドビー水槽,レッドービー繁殖プラケースが
ありますが,それらを統合して規模を縮小する予定です.

その海水化する水槽は,↓写真中央に見える台所のカウンター上に置かれた
45cm×20cm×30cmの奥行き寸法が小さい変形45cm水槽です.

水質の安定やメンテを考慮すると,↑写真左半分を占めているメインの60ワイドと
繋ぎたいところです.
そのためにはオーバーフロー化の改造をする必要があります.

問題は,
1)カウンター上にあるため,配管用を通すための穴をカウンターに開ける必要がある.
2)60ワイドのろ過槽と距離が離れたおり,高低差も約2mと大きく,送水に難.
です.

60ワイド水槽のろ過槽は中2階にあるリビングの下の半地下倉庫に設置してあります.
IMG_0927.jpg
IMG_0928.jpg
IMG_0929a.jpg
そのためカウンター上まで海水を送るための送水ポンプは
それなりに強力なものが必要になると思います.


さらに,60規格水槽(海藻わっさわっさ)とメインの60ワイド水槽を繋げたいという思いも
以前よりあるのですが,60ワイドの水質では海藻がダメになりそうなのと,
別系統で廻しておいたほうが,緊急時に退避場所として助かるような気がして
今1歩踏み切れません.

60規格水槽と60ワイド水槽の位置関係は
IMG_0934.jpg
こんな感じです.

ということで,先ずは淡水系の統合から取り掛かります.
来週から.

e/
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

general *  TB: 0  *  CM: 10  * top △ 

水槽と照明 その2 光線追跡 

今日は会社の一時帰休で休みです.
といっても自分自身の仕事が無い訳でなく,かえってやるべきテーマは増えてます.

R&D部門に所属しているのですが,こんな時期こそ景気回復したときに備えて,
技術開発すべきだと思います.
しかし研究予算は削られ,時間外労働は出来ず,セキュリティの面からPCも家に持ち帰れず,
どうしようもありません.

これはもう昼寝するか,水槽そうじするか,ブログ更新するしかないですね.

ということで,懲りもせず続けます.
今回は照明の光線について考えてみました.

特に好日性サンゴを飼育する上で照明器具の選定や設置方法など
悩むものですが,簡単ですが光線追跡を行い,光線の入射具合と
水面で生じる光の損失を見積もってみました.

1.水面の反射と透過
最初に,取り掛かりとして水面で生じる反射と透過を算出しました.
水面では,大気と海水の屈折率の違いによって界面が存在します.
大気の屈折率は”1”としました.
理科年表によると海水の屈折率は,

 光波長 : 屈折率
  214.4 : 1.4032 (紫外)
  303.4 : 1.3581 (近紫外)
  404.7 : 1.3428 (藍色)
  546.1 : 1.3345 (緑色)
  589.9 : 1.3336 (黄色)
  656.3 : 1.3311 (赤色)
 1256.0 : 1.3210 (近赤外)

ここでは海水中で吸収されにくい藍色から赤色の可視光の範囲で検討します.
可視光の範囲の屈折率は1.3311-1.3428とその差も小さく,
海水の屈折率の代表値である1.3339を使って海水界面での
光の反射率と透過率を計算しました.

反射率と透過率
計算にはフレネルの式を用いてます.
入射角度は水面に対して垂直に入射する場合を0°としており,
元の光の強度を1としています.

海水の屈折率は意外に小さく,純水の場合でも海水とほとんど変わりません.
屈折率が小さいことから,水面で生じる反射も小さく,光線が傾いた場合にも
60°くらいまでなら,ほとんどの光が海水内へ透過するとこが分かります.

ガラスフタを付けたらどうなるでしょうか.
ガラスの場合には屈折率は1.5くらいありますので,
もっと反射率は高くなります.垂直入射(入射角0°)の場合でも,
界面あたり約4%は反射するので,ガラスの裏表合わせて8%くらいは
反射するでしょう.次回はこのあたりを検討してみます.


2.光線追跡
光源を点光源に見立てて,光線追跡をしてみました.
本数は少ないですが,水槽のモデル形状は単純なため,この程度で
十分だと思われます.
実際の光源は点光源ではありませんが,点光源の結果を線や面光源に
当てはめて考えることはいたって単純です.

点光源は全周囲に発光するものとして,光強度も均一とすると,
光線追跡
このような結果になります.
なお,水面は波立っていないことを前提としています.
水槽モデルは,次に自分の計画している幅90cm,高さ45cmとしました.
光源高さは,よくメタハラの説明書で指定されている30cmとしました.

水面に対して入射角を0°~50°までと,水面の端に合わせて光線を
1本飛ばしました.

この結果から,水面の端に入射した光でも,反射による損失は小さく,
ほとんどの光を海水内に取り入れることが分かります.

やはりここから先は,照明器具の配光特性に依存した話になります.
水槽環境では照明器具の配光特性が直結するようですね.

3.水槽側面の光線
上の図を見ていて,水槽の側面に当たった光も反射して,再び海水内に
伝搬することに気が付きました.
そこで,海水-ガラス-大気の関係から,反射角と反射/透過率を詳細に算出してみました.
その結果です.
光線追跡_端b
屈折率が高いほうから,低い方へ伝搬する場合,ある入射角度以上になると,
界面で全ての光が反射する全反射という現象がおきます.
水槽側面で,この水槽モデルのように光源がある高さ以上であると,
海水-ガラス-大気の場合では,全反射角(臨界角)は41°くらいです.
つまり,水面に対して光線が60.8°未満ならば水槽側面で全反射します.

これによって水面の端に入射した光でも9割以上は海水内に導くことがわかります.
配光特性の広い照明器具を使うと,水槽の内部を万遍なく照らすことができますね.
また,水槽の外側の壁面を照らすことも無いことがわかります.
光源の高さを低くすると,ある高さから全反射しなくなり,水槽外へ光がもれることになります.
目安では,水槽高さを45cmとして,幅60cmでは光源高さ18cm,
幅90cmでは光源高さ26cm,幅120cmでは光源高さ35cm以上に設置すれば,
光が側面からは漏れません.

4.配光とサンゴの配置
そこで,しょうもない仮説です.
この図の様にサンゴの配置する場所を変えると,
サンゴと光線a
このようにポリプの開き方や成長する形も変化するかもしれませんね.
もちろん,実際の照明器具の配光分布を考えると強度そのものは異なりますけど.
配置する高さによっても光強度の違いはありますしね.
この辺の実際の強度に関しては,今後の課題とします.



今回の内容は,スネルの法則とフレネルの式から得た結果です.
興味のある方は,ググってみてください.

次回は水槽にガラスのフタをしてみます.
どのくらい損失するでしょうか.

e/
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

水槽と照明 その1 海水の光の吸収 

ブログを始めてそろそろ6ヶ月になりそうです.
ネタ切れは慢性化しており,このところは海水ネタかキイロサンゴハゼネタ
そして謎の木工細工ネタのループを繰り返しています.

よくよく考えてみると,このブログを始めてから魚やサンゴはもちろんのこと,
シッタカ1匹すら生体を購入していません.

もう水槽は満員で入れられないところが悲しいところです.
リーマンショックがなければ,計画では今頃もう少し大きな水槽を
立ち上げていたはずなのですが・・・.


ということで,ちょっと新ネタ始めます.

以前にサンゴと光のスペクトルがうんたらかんたら書いていたのですか,
水槽の中の光の具合はどうなっているのかなと興味を引かれて,
水槽中の光の具合を考えてみました.

まず,海水中の光の透過について書きます.
光の波長によって到達できる水深は異なりますが,
それは光の各波長に対しての海水の吸収度合いが異なります.

そこで,海水の光吸収係数を調べる必要があります.
下記リンク先をたよりにしました.


(1)海水の光吸収係数の測定
右側のプレビューのところをクリックするとpdfファイルが開きます.
水の光吸収係数は,水分子,植物プランクトン,植物プランクトン以外の
懸濁物,溶存有機物のそれぞれの光吸収の和と考えられている,とあります.
理研の方の論文です.

(2) Damping rate in the sea
ダイビングで水中映像を趣味とされている方のHPのようですね.
ここに純水の消散係数とその原理的なことが書かれています.
綺麗な水中の写真が沢山あります.

(3) 航空機リモートセンシングによるサンゴ白化分布域の調査法に関する研究
しんかい2000なんかで有名なJAMSTECの論文ですね
この文献の図6に詳細な吸収係数が記載されています.
蒸留水から淡水,大洋,海岸,どこかの湾までの値がプロットされています.
残念なのは,グラフの縦軸がちょっとおかしいところです.
ですが,(2)と照らし合わせると縦軸は0から始まるとみてよさそうです.


これらの参考資料から,波長と吸収係数をプロットしました.
海水は大洋として,比較のために蒸留水も載せました.
海水の吸収係数a
うちの水槽は果たしてoceanicレベルでしょうか.

水の吸収係数は,
370nmより短波長域,黄色より波長域で急激に大きくなっています.
350nmから短波長域ではさらに照明器具のガラスで吸収されるでしょうから,
紫外線はかなり減衰しているはずです.
また黄色から長い赤外域もかなり減衰されますね.


この吸収係数をたよりに,代表的な藍色(青色),緑色,黄色,赤色について
水深方向の光の到達具合を計算してみました.

実際の珊瑚礁の深さはどのくらいでしょうか.
とりあえず,10mの深さまで計算した結果です.
水深と光進入長の関係
水面から入射した光を"1"として,深さ毎の強度を示しています.
水深が深くなるに従い,各色での吸収の度合いに大きく差が現れます.
青色から緑色が深くまで到達してます.赤色はかなり弱くなってますね.


水深を興味のある水槽の深さに合わせて拡大すると,
水深と光進入長の関係zoom
こんな感じです.
すると,光は1~2割ほど吸収されるようですね.
色の違いによる吸収のバラツキは小さくなります.
一般的な水槽の深さ45cmのところでみると,
緑色と赤色の差は1割強ほどですね.

もちろん,光源側の発光スペクトルは各色で均一ではありません.
ここから先は照明の発光特性と照らし合わせて考える必要がありますね.

光の吸収に関してはランベルト・ベールの法則でググってもらえれば
色々でてくるので,興味のある方はどうぞ.

この続きは,また気が向いたら書くつもりです.

まちがいに気付いたらハスガシイのでこっそり直します.
どなたか,ミスに気付きましたらこっそりと教えてください(^^)

e/
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

人工海水(6)コストの検討 

このGWは9連休でした.正確には会社の一時帰休日2日が含まれています.

あちこちのブログを拝見させて頂いていると,このところ水槽をたたまれたり,
アクアそのものをやめてしまうケースが散見されます.
やはりこの不況が理由で水槽を維持できなくて,仕方なく水槽をたたまれる
方もいらっしゃるようです.

海水水槽の維持には,ここで改めて言う必要も無いですが,
電気代,水道代,人工海水の購入,エサ,フィルター,各種添加剤,・・・・・.

そのなかでも,やはりコストの大きいものは電気代と人工海水の費用でしょう.
ナチュラルシステムでミドリイシを飼育されている方の電気代は
かなりなものなんでしょうね.
自分にはちょっと無理です.

うちの会社がこんな状況なんで,いつ自分もそのような状況に陥るかもしれず,
水槽の維持費について考えてみました.

そこで,今回は人工海水に関わる費用について調べて見ました.
電気代や水道代については,また後日検討してみようと思います.

1.SHOP販売価格の比較
やはりよく使うものは安く購入したいですね.
そこで,代表的な人工海水の銘柄について,
自分が良く利用させてもらうSHOPの販売価格です.
価格の安い順に並べてみました.
サンプルが3つ以上そろった銘柄について示しています.
なお,SHOP名を直接記載するのは気がひけるので頭文字にて
表しています.

[代表的な銘柄のSHOP販売価格の比較]
1-1 tetra marine salt pro (RA) < (AM) < (C)
(C) \7000,600L
(RA) \6200,800L
(AM) \5150,600L

1-2 reef crystals (C),(N) < (AM) < (RA)
(C) \8300,750L
(RA) \9450,750L
(AM) \8700,750L
(N) \8300,750L

1-3 instant ocean (C) < (FS) < (AM) < (N) < (RA)
(C) \5500,800L
(RA) \7350,800L
(AM) \5980,800L
(FS) \5880,800L
(N) \6825,800L

1-4 SEA LIFE (RA) < (C) < (CP) <(FS) < (N)
(C) \4490,500L
(RA) \4489,500L
(FS) \4680,500L
(N) \4725,500L
(CP) \4650,500L

1-5 red sea salt (FS) < (CP) < (RA) < (C) < (N)
(C) \6615,750L
(RA) \5980,750L
(FS) \5380,750L
(N) \7291,750L
(CP) \5600,750L

1-6 red sea coral pro (AM),(RA) < (CP) < (C) < (N)
(C) \6615,660L
(RA) \6200,660
(N) \8820,660L
(CP) \6300,660L
(AM) \6200,660L

なお,ここに記載した値は定常的に扱いのあるもので,
期間限定価格は除外しました.
価格はバケツ価格を基本として,ダンボール価格の方が
安い場合には,その価格で比較を行いました.

現在自分の使用している銘柄はここには無いですが,
皆さんの使用中の銘柄はどうでしょうか.


2.一般的な銘柄の最安値
次に,一般的に入手が可能と思われる銘柄の最安値と,
その最安値で,人工海水にしたときの単位体積あたりの
コストを記載しました.
一部ですが天然海水のコストも掲載しています.

参考までにアメリカでの通販価格と比較した銘柄もあります.
アメリカの通販では人工海水のような商品には
Overweight Shipping Charge $15-20が掛かるようで,
そのチャージも含めてコストを試算しました.

[一般的な銘柄の最安値]
SHOP  銘柄           価格  容量  コスト(海外でのコスト)
(AM) red sea coral pro     \6200,660L, \9.4/L ( \10.3/L)
(FS) red sea salt         \5380,750L, \7.2/L
(RA) SEA LIFE           \4489,500L, \9.0/L
(C) instant ocean         \5500,800L, \6.9/L ( \9.5/L)
(C),(N) reef crystals       \8300,750L, \11.1/L ( \10.7/L)
(C),(RA) tetra marine salt pro \6200,800L,\7.8/L
(C) BIO-SEA           \7140,560L,\12.8/L
(N) seachem reef salt      \4950,200L,\24.8/L ( \9.8/L)
(C) GEX premium salt      \4380,200L,\21.9/L
(N) viesalt             \7875,700L,\11.3/L
(RA) ocean pure         \4830,600L, \8.1/L ( \7.5/L)
(AM) CORALIFE         \5680,570L,\10.0/L ( \11.4/L)
(AM) kent marine        \4000,190L,\21.1/L ( \9.8/L)
(CP) live sea salt        \7245,600L,\12.1/L
(C) 天然海水           \1980, 25L,\79.2/L
(C) UV殺菌海水         \2280, 25L,\91.2/L

こうやって比較するとインスタントオーシャンのコストがずば抜けて安いですね.

アメリカのコストと比較すると日本の方が安いケースが多いのですが,
これは,Overweight Shipping Charge $15-20が乗った価格であるため,
人工海水自体の価格はかなり安く,輸送費に多く掛かっています.

日本の場合には1万も買えば送料無料になるでしょうから,
送料は今回の価格には考慮していません.
ついでに色々買ってしまいますよね.

日本の場合は国土の狭さと運送会社の努力があって,
送料が抑えられているのでしょうか.

3.うちの年間の人工海水費用
うちでは海水水槽2本が稼動しています.
そこで掛かる年間コストを試算してみました.

[年間コスト試算]
換水状況:換水量60L/週

年52週から 60L×52 = 3120L

\7/Lの場合, \21840
\10/L       \31200
\20/L       \62400
\79.2/L      \247104

現在は CORALIFE を使用しているので,
年間 \31200 ですね.
当たり前の結果ですが,意外と高いなという印象です.

この換水量は,換水間の硝酸塩の上昇値を測定して決めた値です.
ろ過器の構成も変更していたり,生体数も変わっているので,
現在は最適な換水量も変化しているかもしれないです.


現在,入手できる人工海水の銘柄については,
以前リストにしてます.
人工海水に関するリンク

長々と最後まで読んで頂き,ありがとうございます.
うちのような平凡なリーマン家庭では,
やはり海水水槽を維持していくのは負担が大きいですね.

色々なアイデアで,うまくアクアの趣味を続けて行こうと思います.

e/
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

salt mix *  TB: 0  *  CM: 20  * top △ 

タンクメイト(6)キイロサンゴハゼ その6~転居届け~ 

IMG_0171.jpg

やっと,捕獲することができました.


隔離BOXに入ったところを捕まえる計画でしたが,隔離BOXに入ってくるのは,
こやつ.じゃましないで~
IMG_0885a.jpg

そうこうしているうちに,
オスがハードチューブの抜け殻に出入りすることに気が付きました.
赤丸の中    前の記事と同じ写真です(^^;
IMG_0154b.jpg
夜になったら,この管から顔だけ出したり管の中に入ったりしていてたので,
管の中に入った瞬間に指で管を塞ぎ,そのままサテライトへポチャと
まずは引越し完了です.

こうなったら,メスもなんとか捕まえるしかありません.
水槽の仕切り板と網で周囲を囲い,プラケースで格闘すること一時間余り.
なんとか捕まえ,サテライトへポチャと夫婦で引越し完了です.

引越し後は,たまに本水槽に向かって泳ごうとする仕草もみせるものの,
泳ぐスペースも無く,底砂の上にじーっとしてます.
少し狭そうな感じです.
これでよかったのかな?なんて思っています.

e/
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

tankmates *  TB: 0  *  CM: 12  * top △ 

挑戦中 

キイロサンゴハゼを捕獲すべく挑戦中です.


2回くらい隔離BOXの中に入っているのを見かけたのですが,
モタモタするうちに逃げられ,願いかないません.

隔離BOXが邪魔でナンヨウボスがイライラしているのか,
勝手にサンゴの位置を変えられました.
IMG_0154a.jpg
スターポリプなんて活着していたはずなんだけど・・・.
ポリプがまだらになってるし(T_T)
ナンヨウボスは小さいライブロックくらいなら銜えて持ち上がられるほど
力があります.

捕獲失敗を繰り返すうちに,また産卵日が来てしまいそうです.

水槽サイズにも限界を感じ始めている今日この頃です.

おまけ.
IMG_0150.jpg
大きく育ってもらわなくてはならないのに,
エサを横取りしないで下さい.

e/
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

水質チェック 

水槽の水質を測定してみました.

○海水銘柄
60ワイド(ソフトコーラル+魚たくさん): ライブシーソルト:コーラルライフ 7:3
60規格(海藻わっさわっさ): ライブシーソルト:コーラルライフ 8:2

○換水状況
60ワイド:40~50L/week (容量150L)
60規格:10~15L/week (容量65L)
どちらも前日に換水

○水質
項目         60ワイド    60規格       測定器具/試薬
1.比重    :   1.023     1.025     InstantOcean比重計(ボーメ計で確認済)
2.水温[deg.C]:   25        24        アクア用水温計
3.pH      :   7.79       7.81     pHメータ(秋月電子)
4.KH[dh]   :   7         6          Tetra
5.Ca[ppm]  :   430       450         RedSea PRO
6.Mg[ppm]  :   >1280   >1280         RedSea
7.NO3[ppm] :   5.0+       5.0--        RedSea
8.PO4[ppm] :   0.5        0.1         ReaSea
 
特に,pHについて時間をおいて複数回測定してみました.

         12:00       16:00       22:00      翌9:00
       (上記の値)   (照明点灯直前) (照明消灯直後) 
60ワイド    7.79         7.81        7.88       7.78
60規格     7.81         8.01        7.95       7.78

とまあ,こんな結果になりました.Mgの結果がちょっとあやしいです.
試薬がふるいせいかな.試薬Cを1mLすべて入れても変色しません.

60規格の方がpHの変動が大きいですが,海藻の光合成によるものでしょうか.

どちらも,もう少しpHを上げたいところですが,硝化ろ過をしているのでこんなものでしょうか.
餌もバンバン入れてます.

e/
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

maintenance *  TB: 0  *  CM: 6  * top △ 

完成 

おたく部屋 ようやく完成.



つかれた. ふ~

走らせたい方,どうぞご利用ください.

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

general *  TB: 0  *  CM: 4  * top △ 

ひる間のサンゴ 

うちのサンゴはどこにでも売っているようなものばかりです.
コエダナガレハナ,スジチジミ,キノコ・・・
このキノコどこまで大きく成長するか見てみようと思っています.
当初,水槽に入れたときから倍くらいになりました.
最大に開いた時で17~18cmくらいあるでしょうか.

この写真は昼ごろに撮ったもので,窓からの間接光のみの状態です.

どれもメタハラが点灯したときよりポリプの出が良いです.
メタハラの光が強すぎるのでしょうか.

キノコはメタハラを点灯したときは上を向きますが,
この状態では外光に向かって傾いています.
まるで,ひまわりみたいです.

褐虫藻が光合成を行うに必要な波長域は,
400~480nmと600~700nmらしいです.青色と赤色ですね.
メタハラの波長スペクトルはいくつかのピークが立っているだけで,
しかも赤色の帯域はいくらも出ていないように思われますが,
どうなんでしょうか?興味が沸いてきました.

ちょっと面白いHPを見つけました.
植物生理学 第1回講義
自分は理系の人間ですが,こういう学問も面白そうです.

ミドリイシに関して
サンゴ礁海域の光環境について

検索するうちに,しかぱっちさんの記事も出てきました(^^
うみのなまもの 450nm
さすがですね.      リンク修正しました(^^;

海水の光吸収スペクトルは,波長が長い方が吸収率が高いようですので,
水槽でも,より強く赤色の光を当てる必要もあるのかもしれません.
海水用の照明具は青色主体のスペクトルになっていそうなので,
赤色も当ててあげると,よりよくなるかもしれないですね.

e/
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

general *  TB: 0  *  CM: 10  * top △ 

人工海水(5)CORALIFE その2 

先日,新しく購入したコーラルライフの続きです.
この記事,下書きのまま公開してませんでした.

さて,攪拌中にものすごい白濁状態になり,一晩マキシジェット2台で一晩攪拌
しても,結局白濁は収まりませんでした.
しかぱっちさんのおっしゃるような,カルシウムが析出した状態になったようです.
純水を容器にためる際に,デルフィスのバッファー剤を付属のスプーン半分ほど
容器に入れておいたのですが,これが裏目に出ました.
今回購入したコーラルライフはカルシウムとマグネシウム成分量が多く,
しかもpHも8.37くらいあります.
バッファー剤の主成分であるはずの重曹を加えると,
それに含まれるNaがCaを追い出す形になりCaが沈殿したのでしょう.

実際,白いチリのようなものが水中を舞っており,攪拌をやめると底に
カルシウムが沈殿します.この状態のものを使うわけにも行かず
泣く泣く捨ててしまいました.
容器の底には白いミルク状のものが溜まっていました.


再度RO+DIで純水をためて,コーラルライフを規定量加えて1時間ほど攪拌した
状態です.
IMG_0840.jpg
今度は白濁することなく海水を作ることができました.
また白濁したらどうしようかと,ちょっとドキドキしていた小心者です.

pHを測ってみると,
IMG_0841.jpg
こんな値です.比重は1.022@25℃
KHは7でした.
pHとKHとCaは質量作用の法則によって,そのすべての値が同時に高いということは
あり得ないものですが,前述したようにコーラルライフの場合pHとCaがそれなりに
高い値であるためKHは妥当な値でしょうか.

こちらの掲示板に各社の人工海水の主要3特性を調べた方がいらっしゃいます.
http://reefcentral.com/forums/showthread.php?s=816da9052dcf9208aed57cf2e9d61a30&threadid=1287118

自分でもCaを測ろうと思い,塩と同時に購入したCa試薬の箱を開けてみると,
IMG_0844.jpg
注射器やらなんやら,お医者さんKITです.
間違えて”Calcium PRO”の方を購入してしまいました.
説明書を見ると,なにやらめんどくさそうです.

もう疲れたので,Caの測定は来週末にすることにしました.


純水は不純物を取り込みやすい状態にあるため,
あらかじめバッファー剤を少量混ぜておくことで
余計なものが混ざらないようにしたつもりだったのですが,
マヌケでした.これからは塩を一掴みでも入れておく事にします.
超純水でもないので,こんなに気にする必要もなさそうですが・・・.

e/
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

salt mix *  TB: 0  *  CM: 12  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。