あやしい水槽

海水魚 サンゴ 海藻  あやしい記事とピンボケ写真.そして誤字脱字...

01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.»03

02月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

90cm水槽立上げ録 その7 メインポンプ(後編) 

前々回くらいに書いたメインポンプの流量の記事の続きです.
アップするのをすっかり忘れてました(^^;

ろ過槽から水槽まで海水をポンプアップするためのメインポンプには,
EHEIM1262を使うのですが,その流量を調べました.
前編では,耐圧ブレードホース3mのみで接続した際の流量を測定しましたが,
後編では,分岐配管を間に繋げて,実際に運用する配管系統での流量を
測定しました.

分岐配管
IMG_2108.jpg

耐圧ブレードホースのみの状態と比べてエルボが1箇所,目盛付バルブ1ヶ,
逆止弁1ヶ,ホースと13Aの塩ビパイプとの接続部が2箇所あります.
なおエルボ,バルブ,逆止弁は20Aの径にしてあります.
これらが追加されることにより,圧力損失が増大することが
予測されますが,実際の流量がどの程度減少してしまうか
確認することを今回の目的としています.


揚程は,ろ過槽にポンプを設置する高さと同等の212cmの条件でデータを取得しました.
実験系はこちら.データの取得方法は前回に準じてます.


ちなみに前編での実験系はこちら


実験風景です.
IMG_2117.jpg
厳密には,排水量を測定時,測定用のバケツに水が流れた分,
取水側ではポンプと水面の高さの関係が変化しますが,重力落下させる訳ではないので,
水面の高さの変化の影響は小さなものとして無視してます.(分かりにくくてスイマセン)

結果は,
36.4sec/6L

1Lあたりの逆数をとって,毎秒あたりに変換
0.165L/sec

毎分では,
9.88L/min

さらに毎時あたりでは,
592.9L/h

前編と同じグラフにこの毎分あたりのデータを追加すると,
eheim1262グラフ480
こんな感じです.
ピンクの△が今回のデータ

揚程212cmの耐圧ブレードホースのみ(分岐配管なし)の時の効率40%に比べ,
分岐配管を繋げた場合では効率29%まで低下してしまいました.

90cm水槽の容量を150Lとして,
時間当たり何回水を入換えることができるか算出すると,
分岐配管なし(212cm):592.9(L/h)/150(L)=4.0turn(1/h) !!

時間あたり,たったの4回です.
分岐配管なしでは,(212cm):763.2(L/h)/150(L)=5.1turn(1/h)

これはさすがに少ないかな???
クーラで温調した水の供給量も少なくなるし,ちょっと問題かも???

しばらく,このまま使って様子を見たいと思います.
場合によってはポンプを変更するか,ほかに何かの工夫をする必要がありそうです.

e/
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
スポンサーサイト

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

equipment *  TB: 0  *  CM: 8  * top △ 

90cm水槽立上げ録 その6 

今週末もぼちぼち進めました.

サンゴ砂25kgを半日掛けて水洗い.
ゴム手袋をしているのに手が冷たく辛かった.
腰も痛くなるし,もうしばらくはやりたくない作業ですね(^^

サンゴ砂の量も最初は20kgにしておこうを思ったのですが,
もう少し,もう少しと結局5cm以上入れちゃいました.

この頃,底砂を厚くしてもろくな事がないんじゃないかと感じています.
特にうちはナチュラルシステムじゃないし.

パウダー(SSS)と,もうひとつ荒い(SS)を混ぜてひいてあります.

その後,海水を120L程入れ換え.(やる必要があったのか疑問ですw)
ライブロックを入れるのにヒータをセットして水温を23℃まで上げました.

崩壊してほったらかしの60規格水槽から
あまっているライブロックを使って,左側の山だけ岩組みをしてみました.

これまでの反省を生かして岩組みは,

 ・ガラス面に接触させない.(フロー管にも)
 ・なるべくライブロック間の隙間を空けて,水通しを良くする
 ・サンゴを置きやすくするため,適度な階段状にする
 ・なるべく高く積み上げる

これらを満足すべく,1時間ほど,積んでは壊しを繰り返し,
最後は妥協の産物です.
IMG_2133.jpg
これ,たぶん崩れます(^^;

もっと高く積み上げたかったのですが,手持ちのライブロックと,
私のテクではこれが限界でしょうか.
もっと大きなライブロックをベースに積まないと無理そう.

今週は,ここで力尽きました.

来週は,右側の山を組んで,サンゴを移せるかな?

e/
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

equipment *  TB: 0  *  CM: 8  * top △ 

It's been a long time since... 

昨年の10月ごろ,はじめての珍魚を入手したのですが,
水槽に入れた後,二度と姿を見ることができませんでした.

それが餌やりタイムに,水槽の端でライブロックのスキマから頭を出して
餌をタダ食いしている輩を発見.

スキマを覗くと,珍魚いました!ダンゴオコゼ
ダンゴオコゼ
実に4ヶ月ぶりの再会です.

なんだかとても迷惑そうにこちらを見ています(^^
しかぱっちさんに餌付けの仕方を教わってイサザアミを買ったのだけど,
1度もあげる機会もなく,もう逝ってしまったのだろうと諦めて,
その存在すら忘れ掛けていたところです.

こやつ,粒餌に餌付いています.
目の前に漂ってきたメディフィッシュをパクパクしているではないですか.

90cm水槽に入れたら,また会えなくなりそう.
専用の水槽かケースでも用意してあげようかな.

e/
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

tankmates *  TB: 0  *  CM: 8  * top △ 

90cm水槽立上げ録 その5 

この週末,4連休だったのに,まったくはかどりませんでした.
嫁さんに,水槽が二つも置いてあるとじゃまだから早く終わらせろ,と
発破をかけられてます.どうもこのまま水槽を二つ並べたままに
するんじゃないかと勘ぐってるようです(^^

ということで,今週の成果.

水道水でほぼ1週間回して抜いた後,海水を入れました.

分岐配管も繋ぎ,配管関係は終了.
IMG_2119.jpg

フロー管に落ちる水の音があまりにうるさいので,
ホームセンターでキャップになりそうな適当な部品を見繕って
かぶせてみました.
IMG_2127.jpg
箸立ての底の部品です.100円なり

音はかなり静かになりましたが,低く篭った音に変わって,
下水管を流れる水の音のようです.
キャップをしない方が,まだ川のせせらぎの様な音で,よかったような・・・

今週はここで力尽きました.


来週は,最大の難関の底砂洗いが待ってます.
IMG_2114.jpg
ライブサンドにすれば洗う必要もないですが,なにせ高価ですからね.

メインポンプの記事の続きは,また後でUPします.


おまけ

ポックリなしで頑張ってます(^^

このシマがきてからコケ掃除してないので,見苦しくてスイマセン.
最初の2週間を乗り切ったので,安心できるでしょうか.

e/
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

equipment *  TB: 0  *  CM: 8  * top △ 

90cm水槽立上げ録 その4 メインポンプ(前編) 

ろ過槽からポンプアップするためのメインポンプには,60cmワイド水槽にも使っている
EHEIM1262を使うつもりです.
水陸両用の1262の基本仕様は次のようなものです.

 ポンプ流量:3400L/h
 消費電力:80W
 最大揚程:3.6m
1262[1]
             EHEIMのHPより

このポンプは安売りしている時に,予備として購入しておいたもので,
ようやく使うときが来ました(^^

EHEIMのカタログから揚程と流量の関係を表すグラフの値をよみとり
自分でプロットしなおして,そのプロットした点から近似曲線を導き
出しました.4次関数でフィットするようです.
EHEMI1262.jpg


これまでに紹介しましたように,うちの60cmワイド水槽のろ過槽は
地下にある倉庫に設置しているため,通常のオーバーフロー水槽
に使用されるポンプの容量を基準としては,その揚程から流量が
不足します.
90cm水槽もろ過槽を共用することから,同様の揚程になりますが,
水槽の水量が1.5倍になり,水槽内の海水が入れ替る時間当たりの
ターン数がどのくらいになるか確認しておく必要があります,
そこで,EHEIM1262と水槽の給水管との間をブレードホースのみで
接続して,実際の流量を実験的に求めてみました.

前回の記事で紹介した給水側の分岐配管は接続していない状態です.
まず,ホースだけで接続された圧力損失が小さく理想状態に近い
形で流量のデータを取得します. 

実験系です.
配管
ろ過槽に見立てた衣装ケースの水を水槽へポンプアップして,
その排水量を直接測定することで,ポンプの流量を測定します.

あらかじめポンプで水を循環させておき,測定用に用意したバケツに
ジャバラホースを移して,水が6L貯まる時間をストップウオッチで
測りました.衣装ケースの高さを変えて測定することで,揚程を変化
させます.

その結果は,
揚程①(263cm):34.5sec/6L
揚程②(212cm):28.3sec/6L

それぞれ,1Lあたりの逆数をとって,毎秒あたりに変換すると,
揚程①(263cm):0.174L/sec
揚程②(212cm):0.212L/sec

毎分では,
揚程①(263cm):10.44L/min
揚程②(212cm):12.72L/min

さらに毎時当たりに変換して,
揚程①(263cm):626.4L/h
揚程②(212cm):763.2L/h

となりました.
先に示したグラフに,測定して得た流量をプロットすると,
EHEIM1262特性20100207
となります.
もう一点くらいデータをとると予測カーブがひけそうですね.

EHEIMのカタログ値と比較して,約40%の効率となりました.
損失は60%くらいですか.内径15mmホース3mとエルボが二箇所,
そしてホースとコネクタ間の段差が2箇所程度ですが,
それでもこのくらいの圧力損失が発生してしまうようです.

1262の最大揚程3.6mは,圧力に変換すると0.36kg/cm^2程度
ですので,ポンプとしての容量も大きなものではありません.

さて,この実測した流量から,90cm水槽の容量を150Lとして,
時間当たり何回水を入換えることができるか算出すると,

揚程①(263cm):626.4(L/h)/150(L)=4.2turn(1/h)
揚程②(212cm):763.2(L/h)/150(L)=5.1turn(1/h)

となりました.
実際のろ過槽の高さは揚程②とほぼ同じ高さですので,
1時間に約5.1回水が循環する計算になります.

実際の配管では,給水側のホース長は短くなるものの,
前回に記事で紹介しました分岐配管が接続されますので,
さらに流量は減少するのではないかと予測しています.

よく海水水槽に必要な水の循環回数は時間あたり6回と
いわれていますが,それより低い循環回数になってしまいそうです.

ただ,この6回という数字はその定義があいまいなので,
個人的には目安程度にしかならないのでは,と思っています.

後編では,分岐配管を接続した場合の流量を測定したいと思います.

e/
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

equipment *  TB: 0  *  CM: 8  * top △ 

90cm水槽立上げ録 その3 

なかなか集中して時間がとれませんが,コツコツやってます(^^

今週の成果
IMG_2081.jpg
ようやく水を入れました.といっても水道水
あく抜きと水漏れチェックをするために,今度の休みまでこの状態で
水を循環させます.


今週の成果 その2
IMG_2108.jpg
ろ過槽からポンプで汲み上げた水を,水槽へ向かう系と再びろ過槽へ返す系の
分岐用の配管です.

ポンプアップされた水は右側の緑色のホースから入り,
ろ過槽へリターンする水は真ん中のホースの経路へ.
左側の系はチェックバルブ(逆止弁)を経て水槽へ向かいます.

今回のバルブには目盛付きのものを使ってみました.
水の分岐比を調整するのに便利そうなのですが,バルブの構造をみると
バルブ側に一度この字状に経路が曲がっていて,その分,
ボールバルブより損失が大きそうです.
IMG_2110.jpg
この手の特殊な配管部材は「GREENS」で売ってます.
似たような店で「カキショウテン」というSHOPもありますが,こちらは
注文してもノーレスポンスで,営業してるのか分かりません.
どなたかご存知ですか??


今日は,ここで力尽きました.



今日のおまけ
IMG_2089.jpg
シマの本数でサイズが分かるでしょうか.

シマヤッコですが,このところ大量に出回っていて,
即売約とはならないようですね.
海水アクアリストの人数より多く輸入されてたりして(^^

今回,出足の遅い私でも入手できましたよ.
というのも,3年間飼っていたチリメンヤッコが逝ってしまい,
傷心モードだった訳ですが,ネットSHOPを巡っていると,
3cmのシマヤッコがUPされてました.もう売約済だろうと思いつつも
メールすると注文確定!
冬に通販でこのサイズ,正直失敗したかもと,届いた梱包を
開封すると2cmちょいの極小サイズ.これにはビビリました.

気になる餌付けですが,なんと初日からメディフィッシュをパクパク.

ということで1週間経過しました.
この手のヤッコ特有のポックリはあるかもしれないですけど,
なんとかいけそうです.
来週までガンバッてくれていたら,もう少し詳しく書きます(^^

e/
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

equipment *  TB: 0  *  CM: 10  * top △ 

90cm水槽立上げ録 その2  

スローペースでなんとか進めています.

今日の成果
IMG_2079.jpg
水槽の背面にフィルムを貼った後,キャビネットに乗せました.
背面のフィルムはコトブキのマリンブルー.
海水の水槽にはいつもこのフィルムを貼っています.ワンパターンです.

嫁子供がスキーに行っていて,手伝ってもらえる人もなく,
一人で水槽を持ち上げたら重たいのなんの.腰が砕けそうでした.


フロー管を固定して,給水,排水の配管を接続して
IMG_2080.jpg
今回は,力尽きました.


ところで,この水槽はマーフィード製なのですが,
フロー管用の穴の仕上げがこんな感じでした.クラックだらけ.
IMG_2071.jpg
普通のガラス加工は,切削面を研磨して面取りするのものだと思うのですが,
これで大丈夫なのでしょうか.

ガラスの破壊は小さなクラックが進展して起こります.
ガラス自体の理論強度はものすごく高く,破壊原因のほとんどはクラックです.
クラックがある場所に引張り応力が掛かると危険です.

なので,必ず研磨してクラックをなくすものだけど・・・
底面で応力が掛かる場所なのでちょっと心配.

こんど,水槽ガラスにどのくらいの応力が掛かっているか,
有限要素法で計算してみよう.



今週末は,本当はもっと進めるつもりだったのだけど,
予定外の生体を入手してしまって,
その導入でかなりの時間を消費してしまいました.
そちらは追々報告させて頂きます.

記事も手抜きになってしまいました(^^
来週は頑張ろうw



本日のおまけ
チャームで色々部品を買ったついでに,試しにB級品のライブロックを買ってみました.
こんな感じ.2kgです.
IMG_2073.jpg
変な臭いはせず,キュアリングは十分されてるようです.
石灰藻はほとんどついてないですが,自分的にはこれで十分な感じです.

e/
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

equipment *  TB: 0  *  CM: 8  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。