あやしい水槽

海水魚 サンゴ 海藻  あやしい記事とピンボケ写真.そして誤字脱字...

06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

AQUATRONICA その4 水温をロギングしてみました編 

水温センサを使ってみました.

こちらが水温センサ本体.
AQ_温度センサ
       (Aquatronica HPより)

メーカのHPでは,水温や水位センサはアクティブHUB(USBのハブみたいなもの)と
水温・水位インターフェースをわざわざ介して接続するような図に
なってますが,水温と水位センサはパワーユニット(ACタップみたいなもの)
に専用のインターフェースが2ポート用意されてますので,
センサ2個までは,インターフェースを購入する必要ありません.
さらには,アクティブHUBはかなりなセンサの数にならない限り
必要ないです.
なんでこんな紛らわしい図にするのかな?へそ曲がりの私には
わざと誤解されるような図にしてるとしか思えません(^^;


さて,このアクアトロニカの水温センサを水槽にセットする前に,
測定値の精度検定の真似事をしてみました.

最初に適当な水温計とついでにヒーター用のサーモスタットコントローラー.
使用したのは,
 ・NISSOのデジタル水温計
 ・GEXのデジタル水温計
 ・GEXのパトロール①と②の2台
IMG_2288.jpg
あとは,アクア用水温計の中で最も高精度なEVERESの水温計.
IMG_2326.jpg
裏面に精度±0.5℃と記載されてます.
IMG_2324.jpg
それと,写真にはありませんが,OMRONの体温計も使いました.
これらの水温計と比べて,体温計の測定精度は群を抜いていいはず.

これらをプラケースに入れて,攪拌用にfLO付きのマシキジェットもいれました.
IMG_2286.jpg



アクアトロニカの水温センサは,PC上にこんな感じで表示されます.
IMG_2289.jpg
フォントが枠からはみ出してたりして,作りこみがあまいですね(^^
このソフト,他にも粗が目立ちます.
pHが13なんて値になってますけど,pHプローブが不良品ぽいです.

45℃位のお湯を入れて測定開始.途中で水温が下がらなくなったので,
今度は氷をいれて,低い温度からまた測定.そして室温より
温度を上げるために再度お湯を追加,と適当に水温を変化させた結果
次のようなグラフになりました(^^;

横軸が時間で,縦軸がそれぞれの水温計の表示値を示しています.
温度計比較1
沢山の線が重なって訳が分からないですね.
EVERESとパトロールは表示温度の上限があるので,高温時に
サチュレートしてます.


まずは,一番精度のイイはずの体温計の測定値を使って,各温度計の
測定値を比較してみます.
体温計なので,33℃以上の温度領域でしか測れないので,33~40℃
の範囲で表示します.

下のグラフは体温計の測定値を基準にして,横軸に温度をとり,
縦軸に各温度計の測定値の差分を示しています.

するとNISSOのデジタル水温計(黒■)がほとんど体温計と同じ値を示しました.
アクアトロニカの水温計(青◆)は±0.3℃位の幅でしょうか.

GEXのデジタル水温計は1.5℃以上の誤差があります.
EVERESのアナログ水温計は0.5℃刻みで読み取ったのでこんなものかと.
パトロールは表示分解能が1℃なのですが,±0.5℃位の範囲で表示されていて
そこそこ信用できそうです.


温度計比較2
アクア用の水温計なので個体差が大きいものだと思われます.
今回のこの測定ではたまたまNISSOのデジタル水温計が少ない
誤差であったと考えたほうがよさそうです.


この体温計を基準にしたかなり強引なやり方でしたが,ここではNISSOの
デジタル水温計の測定精度がいいものとして,今度は,実際の水槽の
水温領域について,NISSOの水温計の測定値を基準として,各水温計の
測定値の差分をグラフにしました.

温度計比較3
アクアトロニカの水温センサは他の水温計と比較しても,この個体の場合,
0.5℃位高めの表示がされると思うのがよさそうです.

この無理やりな測定精度検定もどきの結果を信じて,水槽に温度センサを
セットしました.
アクアトロニカの水位センサのブラケットに,アクアトロニカの水温センサと
NISSOのデジタル水温計,ヒータ制御用にGEXのパトロール②のセンサを
一緒につけます.さらにアクアトロニカのpHプローブもくっ付けました.
IMG_2292.jpg

こんな感じに水槽の左隅にセット.
IMG_2296.jpg

そして,一晩水槽の水温をロギングしたデータです.
20100321tempdata.jpg
一つのデータは30分刻み.
画像が粗くて見にくいですが,24.5~25.7℃の範囲で水温がふらついてます.
データを解釈してみると,
 ・室温が低いので水温がだらだらと低下.
 ・水温が24.5℃まで低下したときに,サーモスタットがヒータON
 ・1時間ほどで25.2℃くらいまで上昇
 ・そこからまた水温がだらだら低下
 ・水温が24.7℃くらいまで低下したあたりで室温も上昇して,水温もだらだら上昇
 ・メタハラが点灯したあたりで,さらに水温が上昇して最高水温25.7℃に達する
 ・そして・・・
てな感じですね.


データのログですが,アクアトロニカのコントローラでは
データの表示期間(保存期間??)として,
1日,7日,30日が選択できて,データの取得は,
それぞれ,1日:30分おき,7日:3時間おき,30日:半日おき(多分?)となるようです.
これは水温,pHやORPなど測定項目毎に設定ができるようです.
1日:30分おきの場合で48個のデータしか記録されません.
ちょっと少ないですね.
測定値も30分間の区間平均などではなく,30分毎に取得した一つのデータを
残しているようです.

この状態でしばらく使ってみようと思います.
アクアロトニカのコントローラに対して,自分なりに信用できる様になったら,
水温のふらつき幅を小さくなるような設定で,ヒータの制御をさせてみようかと
考えています.


測定精度±0.1℃くらいの水温計が欲しくなる実験結果でした(^^

e/
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

aquatronica *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://allergy4416.blog54.fc2.com/tb.php/115-5c15ff9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。