あやしい水槽

海水魚 サンゴ 海藻  あやしい記事とピンボケ写真.そして誤字脱字...

10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

HANNA リン酸塩吸光光度計買いました. 

すでに購入された方も沢山いらして,あちらこちらで見かける
HANNAのリン酸塩吸光光度計を買ってきました.
記事にするのはいまさら感もしますが,測定してみた結果です.


中身はこんな感じ.25回分の試薬もついでに購入.

HANNAのweb
リン酸塩吸光光度計HI713のページです.

こちらは本社のあるルーマニアのwebサイト
まったく読めないので英語の
USのwebサイト
USの製品ページを見ると
リン酸塩以外に,Nitrite Ultra Low Range や Alkalinity Checker が
ラインナップされてます.
これは楽しみですね!
Nitriteは Ultra Low Rangeなのがちょっと気掛かりですが・・・
うちの水質では測定レンジ外かも(^^;
その前に海水に対応してるのかな??




このリン酸塩吸光光度計,(めんどくさいのでリン酸塩チェッカーと呼びます.)
には2本のガラスの試験管が付属してます.
購入したお店で教えてもらった測定方法は,
試験管2本に試料水を入れて,片方は標準として,
もう片方に混合試薬を入れると自動OFFするまでの
2分間にあわてることなく測定できる,というものでした.

本来の測定方法は,1本の試験を使って試験管の個体差の
影響を受けないように測定するのが正しい方法だと思いますが,
確かに2本を使って測るのは便利です.
そこで付属している2本の試験管での測定値の違いを調べるために
2本を使って試薬を入れずに測定値を見てみると,
IMG_2636.jpg
と0.00ppmとなりました.
念のために3回ほど測定しても同様に0.00ppmだったので,
試験管の個体差はうちの物では無いようです.

測定前には一応レンズ用の高級ワイプを使って念入りに
試験管を拭きました.



ということで,今後,測定には2本の試験管を使うことにします.

2分間の間に試薬を混合して,攪拌するのはちょっと困難なので.
ちなみにろくに試薬を混合後ろくに振らずにいたら,
試薬は沈殿したままでした.
AddPress C2 にボタンを押した後,3分間カウントダウンしてますが,
この間はLEDは点灯しておらず,3分後に測定する仕様になっているようですので,
気泡もあまり気にせず,最初によく振って攪拌したほうが良いかと思います.



早速,水槽の測定です.
IMG_2633.jpg
0.40ppmもあります(^^;
換水前の値ですが,予想を超えた値.
餌をバサバサ入れてるのでしょうがないのですかね.
半年以上交換してない吸着材を交換するとします.

ついでに色々測りました.
これは水道水
IMG_2640.jpg
さすが印旛沼の水.
0.10ppmもあります

次は換水用に新しく作った人工海水です.
IMG_2638.jpg
0.04ppmでした.
人工海水は「クマリンシーソルト」を使ってます.
水はRO/DIフィルタを一応使ってますが,
IMG_2642.jpg
0.08ppmもありました.
人工海水の塩を混ぜた時の方がリン酸塩が低いですが,
測定誤差でしょうか.
新しい人工海水のリン酸塩濃度0.04ppmはRO/DI水によるもののようです.
とにかくもうRO/DIフィルタの寿命はとっくに終了しているようですね(^^;

参考までに,試験水に試薬を混合したときの色の変化です.
IMG_2634.jpg
IMG_2641.jpg
IMG_2639.jpg

測定値は上から,0.40ppm,0.10ppm,0.04ppmです.
紛らわしくて申し訳ありませんが,一番上の0.40ppmの結果だけ
左が試薬を混ぜたもの,右は標準で試薬なしで,
下2つの写真は逆に右側が試薬を混ぜたものとなってます.
0.1ppm程度までは薄っすらと青く変色してるのが目視で判ります.


さて,RO/DIフィルタの交換と吸着材を購入しなければ・・・



(自分用データ)
Checker Photometers HI 713
測定範囲:0.00 - 2.50ppm (mg/L)
検出範囲:0.01ppm (mg/L)
検出精度:+/-0.04ppm (mg/L) +/-測定値の4% @25℃
使用環境:0 - 50℃ RH<95%(結露なきこと)
発光源:LED 525nm
受光部:シリコンフォトセル
防水: なし
電源: 単4アルカリ
自動電源オフ:使用後2分,測定終了後10秒
サイズ:81.5(L)*61.0(W)*37.5(T) mm
重さ:64g


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ


テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

equipment *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 

この記事に対するコメント

我が家でも2本とも誤差なかったので、2本使ってます。
クマリンは出ましたか~。我が家ではRPですがどうなんでしょ。
今後のラインアップとしてはNitriteよりNitrateのほうが欲しいところですね。
【2010/10/08 20:32】
URL | しかぱっち #- *編集*

しかぱっちさん

お久しぶりです!
リンク頂いている方が段々ブログを休止されている中,
さびしく感じてました(^^

しかぱっちさんも2本使ってのなら,安心できますね.
Nitrateもでるといいですね.そちらのほうが需要は高そう.

クマリンが出たというより,うちの使い果たしたRO/DIフィルタの
似非純水のせいだと思います.
【2010/10/15 09:04】
URL | ハナアレジー #SFo5/nok *編集*

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://allergy4416.blog54.fc2.com/tb.php/150-a9cd3a50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。