あやしい水槽

海水魚 サンゴ 海藻  あやしい記事とピンボケ写真.そして誤字脱字...

06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

バイオペレットとリアクタ 11週間経過 

バイオペレットも仕切りなおしです.
まずは水質チェック.
NO3 : 10ppm+
PO4 : 0.51ppm
吸着剤(ROWA phos)を使ったためにPO4が下がりました.


これまでの結果で,硝酸に関しては効果があることを確認しました.
ペレット使用前は週50Lの換水では硝酸塩が20ppmを超えていましたが,
ペレット100mlの使用で10ppm程度で安定させることができます.
さらにペレットを増量すれば硝酸塩はもっと低い値にすることが
できただろうと考えています.
一方,リン酸塩についてはその効果は確認することができませんでした.

どちらかというとリン酸塩の方を減少させたいという期待をもって
使用してきましたが,Vertexのものは,どちらかというと硝酸塩の方
に効き目あるような成分構成になっているようなので,これまで
使ってきたVertexのものが決して良くないということではないです.

リン酸は吸着剤で簡単に減少させることができますが,硝酸塩を
吸着させて減少することは難しいでしょうから,ペレットに通水
させるだけで硝酸塩を減らせるメリットは大きいと思います.


ということで,うだうだ書きましたが,新たに選択したのはこちら.
Two Little Fishies NPX Bioplastics Nitrate & Phosphate Reducing Polymer Media
IMG_2969.jpg

このペレットに関しての情報はあまりないのですが,
ヤケクソぎみにチョイスしてしまいました(^^;

裏面の説明書き
IMG_2975[1]
PhosBan reactorような流動フィルタがベストですが,ネットなどにも
入れて使うこともできるとのこと.
もしかして固まりにくいのでしょうか.

Vertexのものは既に全体の1/3くらいがくっついていて,ペレット2個
が円筒面でくっついている状態です.結構強くっついて,爪で強く
割らないとはがれない程強く繋がっています.
くっつきやすいのは,ペレットの形状も影響しているのではないかと
思います.くっついているペレットはほとんど全て円筒面の接線で
ペレットが並んだ状態です.



さて,TLFのNPXペレットですが,水量100Lに対して100mlを使うそうです.
うちの総水量は220Lなので,ペレット220mlが適量でしょうか.
今回購入したのは200mlのパッケージなので,とりあえずこの1袋で足りそうです.
リン酸が多い環境では吸着剤の併用が必要との記載があります.


ペレットですが,これまで使っていたVertexのものと形状が違います.
IMG_2971.jpg
Vertexのものはパスタをぶつ切りしたような円筒状ですが,
こちらは いびつな丸形です.サイズはまちまちで,2~4mmくらいです.
色はVertexのペレットと同じ感じです.



これまで使っていたペレットと混ぜるか悩んでましたが,
最近固まっていたので,思い切ってVertexのペレットは
破棄して,全て新しいものにしました.
200ml入れた状態です.
IMG_2980.jpg

Poly-Reactor PR20ですが,流動させるとリアクタ一杯です.
IMG_2989.jpg
これ以上ペレットの増量は厳しそうです..


ペレット交換後,50L換水して,さらに吸着剤も増量して
BioDigestを2アンプル入れて,1時間後くらいにPO4のみ
チェックしてみました.
すると, 
 PO4 : 0.28ppm
でした.
PO4は先週の 0.84ppm から 0.28ppm まで吸着剤で下がりました.

この新しいペレットでまた様子を見ましょう.


ということで記録です.
-------------------------------------------------
        NO3[ppm] PO4[ppm]
2010.12.05 : 10-20   0.50
2010.12.12 :  10     0.53
2010.12.19 :  20-    0.60
2010.12.25 :  10-    0.58
2011.01.02 :  10     0.60
2011.01.08 :  10     0.68(換水なし)
2011.01.09 :  10     0.60(換水なし)
2011.01.10 :  10+    0.65(測定後換水)
2011.01.15 :  10-20   0.74
2011.01.22 :  20     0.71
2011.01.29 :  10     0.77
2011.02.06 :  10     0.74(換水なし)
2011.02.13 : 10-20    0.84(2週間換水なし)
2011.02.13 :  10-    0.58(換水後,吸着剤セット後)
2011.02.19 :  10+    0.51
2011.02.20 :  -     0.28(ペレット交換,換水後,吸着剤増量)

(測定条件)
・測定は換水前に実施
・換水は50L/week
・人工海水はクマリンシーソルトを使用
・NO3測定にはRedseaTEST Labを使用
・PO4測定はHANNA リン酸塩チェッカーを使用
(BioDigest使用記録)
・2010.12.26 :1アンプル
・2011.01.03 :1アンプル
・2011.01.10 :1アンプル
・2011.01.16 :1アンプル
・2011.01.23 :1アンプル
・2011.01.30 :1アンプル
・2011.02.13 :2アンプル
・2011.02.20 :2アンプル
(その他記録)
・2011.01.10 リアクタ内流量を減らした
・2011.01.15 ブルーリーフクロミス失踪
・2011.01.30 リアクタ内流量を増やした(初期状態に戻した)
・2011.02.06 換水なし,ウールマット交換なし,スキマー掃除なし
・2011.02.13 吸着剤(ROWA phos)セット
・2011.02.20 吸着剤(ROWA phos)増量
------------------------------------------------

前の記事
バイオペレットとリアクタ 10週間経過
バイオペレットとリアクタ 9週間経過
バイオペレットとリアクタ 8週間経過
バイオペレットとリアクタ 7週間経過
バイオペレットとリアクタ 6週間経過
バイオペレットとリアクタ 5週間経過
バイオペレットとリアクタ 4週間経過
バイオペレットとリアクタ 3週間経過
バイオペレットとリアクタ 2週間経過
バイオペレットとリアクタ 1週間経過
バイオペレットとリアクタ 設置編


脱窒性リン酸蓄積細菌さん,今度こそ出番ですよw


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

テーマ:海水魚

ジャンル:ペット

equipment *  TB: 0  *  CM: 4  * top △ 

この記事に対するコメント

外見はPhosballsにそっくりです。
ペレット自体はガッツリ回っているようで、期待できそうですね。
【2011/02/21 11:23】
URL | Yamamotch #- *編集*

リアクターの半分ぐらいしかペレット入ってないのに、ポンプ回すと、こんなにグルグル回るんですね(@_@;)
【2011/02/26 16:14】
URL | ヒゲオヤジ #- *編集*

Yamamotchさん

もしかしたら中身は同じだったりして(^^
空まわりじゃなきゃいいのですけどね..
【2011/02/26 22:13】
URL | ハナアレジー #SFo5/nok *編集*

ヒゲオヤジさん

ペレットを入れた時は,これで流動するのかと思いましたが,
意外といけました.
【2011/02/26 22:18】
URL | ハナアレジー #SFo5/nok *編集*

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://allergy4416.blog54.fc2.com/tb.php/172-9b71bbaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。