あやしい水槽

海水魚 サンゴ 海藻  あやしい記事とピンボケ写真.そして誤字脱字...

04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

AI HYDRA52HD 

60cmWide水槽の照明にはAI社のHYDRA52HDを使用しています。



なかなか良いお値段だったのですが、購入後三ヶ月が経過しました。使ってみるとなかなか良い物という事を感じています。

・光量としては、60cmWide水槽に使用するのは必要十分以上だと思います。130Wの消費電力ですので、集光性を考慮すると180Wクラスのメタハラと同等な照度を得られているはずです。ミドリイシを入れてますが、定格の7割程度の電力設定で十分な感じです。もし、これを90cm水槽で使用するには長手方向の端で照度が少々足りなくなるかなといった照度の空間分布のようですが。

・蛍光灯やメタハラにない機能として、一番大きなメリットは照度をそれぞれのLEDのもつ波長分布毎日に発光強度を変化させられる点です。朝から夜まで、色味や強度を設定できるので、ぼんやり点灯させたり、ある一定の時間はミドリイシにガッツリ光をあてるといった事ができます。メタハラ多灯でも順に点灯させればできますが、より細かく調整できる点では、やはりこのようなシステム型のLEDが数段上です。

さて、最近のシステム型LEDでは、wifiを介してPCやスマホで操作できる事が当たり前になってますが、このHYDRAでも同様で、私はiPhoneやiPadで操作してます。久々にAI社のアプリを起動したら、updateの案内が表示されました。



アプリupdateだけでなく、照明本体のfirmware のupdateもできる様です。
アプリのupdateと同時にfirmwareも自動にupdateされました。最新は1.4.2です。


equipment *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://allergy4416.blog54.fc2.com/tb.php/188-cabfe72e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。